中学受験時の健康診断の結果を把握しておく

| トラックバック(0)
小学校では毎年決まった時期に健康診断をしていますが、中学受験にあたって別途健康診断書の提出を学校側が要求することがあります。
診断結果は児童本人と親が確認しておくべきです。

深刻な疾病があればそれ自体問題ですが意外に見落とされがちなのは、肥満または肥満の傾向です。
ごく当たり前の生活習慣であれば、児童は摂取したカロリーを消費するだけの運動や遊びをしていますし大人と違って代謝は活発です。
それにも関わらず肥満または肥満傾向ならば中学受験前にダイエットをするべきです。

大人の場合は食事制限と運動が必要ですが、児童の場合は食生活の見直しだけで改善するはずです。
スナック菓子を日常的に食べているようであれば、カロリー表示を確認します。
夕食で摂取するカロリーを大きく上回っていることでしょう。

例えばポテトチップス1袋で500Kcal、さらに糖分と油分が含まれるスナック菓子では1袋900Kcalに達するものさえあります。

肥満だけが理由で中学受験が不合格になることはなさそうですが、無事入学を果たした時、生活習慣は大きく変わること、身体が出来上がっていく過程にあることを考慮し、健康的な食生活に改める必要があります。

受験勉強についての専門サイト!受験勉強ガッツをチェック

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、shira02が2013年12月 5日 16:37に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「『脱毛ラボ』名古屋メンズ店は単発脱毛プランも可」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31